【必見】ペットのにおい対策を徹底解説!犬や猫に安全な消臭方法とは。

「ちゃんと掃除・洗濯しているのにペットのにおいが消えない」

「友達が家に来た時にペットのにおいがしていないか気になる」

「ペットの身体に安心して使えるモノが欲しい」

当記事では、ペットに安心してできる消臭対策を解説していきます。

ペットのにおいの消し方

間違ったにおいの消し方

ペットのにおいに対して、強い香りで蓋をするようにしていませんか?

・ペットが使う毛布やマットを香りの強い洗剤で洗う

・芳香剤などで上からにおいを消す

これらのやり方でも一時的に臭いは消せますが、長期的にみると匂いが薄れていき
時間が経つにつれて、嫌なにおいが戻ってくることになります。
また、臭いと芳香が混ざって別の嫌なにおいになってしまうこともあります。

ペットは香りに敏感

ペットたちは人間と比べて嗅覚が抜群に優れています。
人間がいい香りだと思っても、ペットたちには嫌なにおいの場合もあります。
お気に入りだった毛布などを、香りの強い洗剤で洗ってしまい見向きもし
なくなってしまうこともあります。

舐めても安心ノンスペット

上記の悩みを解決してくれのが、ノンスペットです。
ノンスペットとは、原料が自然界に存在する天然ミネラルが元となる過
炭酸ソーダです。なのでペットが舐めても安心です。

弱アルカリ性なので、多くの汚れの主成分である酸性物質を中和し、
発生する酸素の力で汚れをやにおいの元を除去します。
酸素の力で汚れやにおいの元を除去するのがノンスペットの最大の特徴です。
分解洗浄に使用された成分は、数日でほぼ水に戻るので環境にも優しいです。
さらに、汚れやにおいの元の分解力をアップする酸素をプラスしているので
協力な洗浄効果を発揮します。

>>ノンスペットについてもっと詳しく

こんな時に使えるノンスペット

・ペットの洋服のにおいが気になる時

・ペットの食器のにおいやヌメリが気になる時

・ペット用のタオル・シーツのににおいが気になる時

・ペット用のオモチャのにおいやヌメリが気になる時

・ご自身の衣類や持ち物にペットのにおいが染みついた時

ノンスペットの使い方

ノンスペットは小分けにされてはいっているので、使いたい時に
手軽に使えるようになっています。

・バケツなどにお湯を入れ本剤を入れて溶かします
・洗濯ものに応じて適正時間漬け込みます
・漬け込み終わったものを水ですすぎます
・干して乾燥させれば完成

漬け込み終わった液は、壁紙・ゲージ・床など拭き掃除にも
使えます。溶かした液を霧吹きに入れても使えます。

初回限定お試しセットもあり、
低価格でペットに優しく消臭対策をすることができます。

初回限定お試しセット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加